FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

人柄が分かるのか?

 NHKでは、毎月「世論調査」をしているということで、時々、「電話による何とか方式でやったものです」と、ニュースなどで結果が発表されている。その質問項目の中に「安倍内閣を支持しますか?」というのがある。先日発表されたものでは、“安倍内閣を「支持する」というのが、「支持しない」を何ヶ月ぶりかで上回った”と言っていた。私などは、「安倍内閣」が最近、特にいいことをしているわけでもないのに、支持率が上がる理由がわからない。世論調査の中では、何故支持するかの理由も聞いているようです。その中で、特にポイントを稼いでいるのが「人柄が信頼できる」「他の内閣よりよさそうだから」です。国民は、そんなに首相と親しくしているのでしょうか?私は、テレビや新聞で見るだけの人の人柄は、わからない。「はげている」「太っている」などの外見はわかるが、一緒に飲んだことも、話したこともない人の人柄まではわからない。占い師でも正しく見抜くのは難しいのではないかという気がします。「他の内閣よりもよさそう」というのも、20日に自民党の総裁選挙が行われたが、他の自民党内閣のことを言っているのか、野党を含めて言っているのかがわからない。つまり、私には、比較する材料がないのです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/09/21(金) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼岸花

 下の公園を歩いていたらアジサイの根元に彼岸花が咲いていた。富浦の家では、生け垣の山茶花の根元に赤や白の彼岸花が咲いていたが、ここでは、まだ赤花しか見つけていない。ウォーキングの範囲を広げれば、白花彼岸花や群生しているところが見つかるかも知れない。
〔公園の彼岸花〕


彼岸花②


関連記事
  1. 2018/09/20(木) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蚊は鳴かない

 『季語集』(坪内稔典;岩波新書)を読んでいたら、「秋の蚊」という項に次の記述があった。“秋の蚊には大きく分けて二種類ある。一つは立秋のころからさかんに活動しているヤブカ類。さされると痛いこのヤブカは秋の暴れ蚊とも言う。ヤブカはいわば秋の到来を告げる蚊だが、秋も次第におそくなると、弱々しい蚊が耳のそばに来て鳴く。これが二つ目の秋の蚊”、と。私は、蚊は鳴かないのではないかと思う。プーンというのは、羽音であって鳴いているのではない。ハチがブーンと飛んで来るのも鳴き声ではなくて羽音である。細かいようだが気になる。ところで、南房総では、夜中に窓を開けて寝ていたら、蚊が入って来て刺される頃だろうが、こっちでは、部屋に風を入れるため窓を開けておいても蚊に刺されたことはない。マンションの管理組合も水溜りにボウフラが湧いたりしないように気を配っている。赤とんぼを見て秋を感じるのはいいが、蚊に刺されて秋を知るのは歓迎できない。
関連記事
  1. 2018/09/19(水) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤チン

 痰が絡んで喉がイガイガして咳が出るので、咳止め薬を買いに行った。お婆さんが若い女性店員に「赤チンがどこにあるか」と聞いていた。「赤チンなんて久しぶりに聞いたな。でも、今は、製造禁止になっているんじゃないかな」と思いながら、見ていた。女店員は、責任者のような男性店員に「赤チンが欲しいというお客さんがいるのですが」と聞いていたが、「赤チンはないよ」と言われていた。子どもの頃、切り傷や擦り傷などの傷と言えばすぐ赤チンを塗っていたが、赤チンには有機水銀が含まれているとかで製造禁止になった気がしていた。それより、何かの替え歌で「赤チン塗っても治らない、青チン塗っても治らない、黒チン塗ったら毛が生えた」というのが流行ったことを思い出したが、本歌もメロディーも思い出せなかった。
関連記事
  1. 2018/09/18(火) 10:27:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サボり癖

 起床時と就寝前の1日2回血圧を測定して記録していたが、ここ1カ月ほど、サボってしまった。理由は簡単。毎回測定しても、ほとんど変化がなく、特に異常に高い値が出る訳でもなく、1回忘れると、「朝、測定しなかったのに夜だけ測定しても大して意味はないか」などと考えて、1回が2回になりと、段々「忘れたというより、気が付いても測定しないことが多くなった。それでも、内科やリハビリで通院したときは、受付を済ますと「血圧を測ってお待ちください」と言われ、受付の傍に有る自動血圧計で自分で測定してスーパーのレシートのような記録用紙が出てくるので、それを受付に渡して診察等の順番を待っていた。病院で測る血圧も今までは、異状がなかった。内科を受診した場合は、診察室に入ると医者が再度測定し、「ああ、良いですね」などと言う。
 16日、6時に目覚めて、「せっかく血圧計があるのだし、忙しいわけでもないのだから、久しぶりに測ろうか」という気になった。1カ月ぶりに測ったら、「最高血圧127、最低血圧85、心拍数75」だった。久しぶりに測定したが、特に問題のある数値ではない。
それより最近、汗をかくせいか、脛の辺りや背中などが痒い。以前は「老人性乾皮症」かと思ったが、こう湿気が多くては「乾皮」じゃなくて「あせも」だろうという気がしてきた。皮膚科に行こうと思ったが、16日は日曜日、17日は休日で、休診日だ。夜中に痒くて寝付けなかったりするので市販の「痒み止め薬」を買って来た。
関連記事
  1. 2018/09/18(火) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ