とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

すべて調子が悪い

 引っ越してから通う病院を探していた。知人から聞いた病院をネットで検索し、地図を表示させたが、プリントしようとしたら、「この印刷方法に対応していません。プリンタを双方向通信できるように設定してください」と表示が出た。ところがその方法がわからない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/02/25(日) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとズル

 私は、医者の指示で毎日、朝晩血圧を測定して『血圧管理手帳』に記録している。医者からは、「130超えたら危ないよ」と言われている。
 『手帳』には、「降圧目標―若年者、中年者、高齢者(65~74歳)135/85未満」と書いてある。また、『手帳』にはさまざまな解説や注意事項も書いてある。“早朝高血圧は要注意;脳卒中や心筋梗塞の引き金になる危険性があります。早朝高血圧とは、早朝に血圧が高くなっている状態のことです。
血圧は、起床前から徐々に上昇し始めます。これは、体が目覚めるための準備を行うからです。高血圧の患者さんでは、とくに血圧が高くなりやすく、これを「早朝高血圧」と呼んでいます。実際に脳心血管病は早朝に多く発生し、この引き金になっているのが早朝高血圧と言われています”とのことです。
私も、起床後すぐの血圧は、就寝前の血圧より高いです。起床後の測定では、140や135という値がでますが、就寝前は、100を超えることは、ほとんどありません。測定方法は、「2回測定してその平均値を記録する」ことになっていますが、130を超えたときには、理想の値が出るまで3回でも4回でも測定を続け、その平均値を記録します。もちろん、理想の測定値だけ選んで平均値を求めるのではなく、その時測定したすべての値の平均値を求めて記録します。結果として130以下になるようにするのですからズルしていることに変わりありません。
私の周りでは、高血圧を心配する人が大部分ですが、珍しく低血圧を気にしている人もいます。その人は、収縮期血圧でも100を超すことがめったになく、「ふらつく」だの「寒い」だのとよく言っているそうです。その時血圧を測ると、80とか90という値で、私の拡張期血圧と同じくらいです。
いずれにしろ、高すぎず、低すぎず、ほどほどがちょうどいいようです。
関連記事
  1. 2018/02/24(土) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後のスタンディング

19日、「南房総九条の会」でやっているスタンディングアピールに参加した。この地で最後になると思って出かけたのです。スタンディングとは言うけれど、私は長時間立っていられないので、携帯用の小さな折り畳み椅子を持って行って座っていました。
 22日の朝、蒲団の中でラジオを聞いていたら、「俳人の金子兜太氏が亡くなった」と言っていた。私は、俳人としての金子氏を知らないが、安保法制問題などで安倍内閣を批判する「アベ政治を許さない」を揮毫した方だというのは知っています。私たちは、毎月、3日と19日に、「9条壊すな」などと合わせて「アベ政治を許さない」を掲げて街頭に立っています。
 22日の毎日新聞にも「社会、平和鋭く詠む98歳俳人・金子兜太さん死去」と1面で紹介されていました。そのなかで“15年には安全保障関連法成立への抗議行動のシンボルとなったスローガン「アベ政治を許さない」を揮毫し、晩年まで戦後日本への危機意識を発信し続けた。”と紹介されていました。また、その記事の中で「俳句に新しい道」ということで、日本文学研究者のドナルド・キーン氏の話が紹介されていました。“俳人として長い俳句の歴史の中で新しい道を切り開き、大きな業績を残しました。始めて会ったのは30年以上前でしたが、その時から親しみを感じました。私たちは敵と味方でしたが、同じ時期に戦争を体験しました。金子さんの体験は実にひどいものでした。私たちは戦争がいかに無意味なものであるかを語り合い、平和を希求することにおいて心はひとつでした。”と述べていました。この心を多くの人に受け継いでもらいたいと思います。
〔2月19日に行われた「南房総九条の会」のスタンディングアピール。「野菜直売」は、会とは関係ありません。私たちが勝手にこの場所に立っているだけです。〕

スタンディング
関連記事
  1. 2018/02/23(金) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早目の備え

 新聞やテレビで「今年は花粉の飛散量が多いので、早めに薬を用意しておくように」と報道しているのを見て、早速、掛かりつけ医に行って飲み薬、点眼薬、点鼻薬を処方してもらった。「備えあれば憂いなし」だ。「どんと来い花粉症」と、今のうちは元気が良い。
息子が小学生の時、「お父さんは、大人なのになぜ鼻水を垂らしているの?」と聞かれたことがある。大人のくせに鼻水を垂らしているのが不思議だったのだろう。「脳みそが溶けて鼻から流れ出しているんだよ」と言ったら、心配そうな顔をしていた。
関連記事
  1. 2018/02/22(木) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近くに見えても

 16日に東京に行ったとき、ベランダから下の公園を見た。ジョギングコースに「125M」という数字が書かれているのが見えた。娘に聞いたら「1周250㍍あり、数十メートルおきに距離が表示されているそうだ。孫も持久走大会が近づくとそのコースを使って練習している」とのことだ。ウォキングをしたり、ラジオ体操会に参加するのに便利な所だと思った。ちょっと視線をずらしたら、隣の建物の陰にスカイツリーが見えた。「あそこまで歩くのも良いな」と言ったら、電車の最寄り駅からスカイツリーまでも結構遠いよ。ここから歩いて行ける距離じゃないよ」と言われた。距離感がわからない。
〔ベランダ下の公園全景〕

公園全景
〔距離表示〕
距離表示
〔近そうに見えるスカイツリー〕
スカイツリー
関連記事
  1. 2018/02/21(水) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ