FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

桜が咲いた

 各地から桜の花便りが聞かれるようになった。昨日、外に出たら、マンションの植え込みや通りの日当たりの良い場所の桜が咲いていた。朝に7分咲きだった木が昼には満開になっていた。他にも木蓮やこぶしが咲いている。
〔マンション植え込みの桜〕

団地の桜
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2019/03/26(火) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

確かな記憶もあった

 昨日、のブログに「ぼた餅とおはぎ」のことを書き、「記憶に自身がない」という趣旨のことを書いた。録画しておいた『チコちゃんに叱られる』を見たらやはり、春は「ぼた餅」で、秋は「おはぎ」とのことだった。確かな記憶もあるということで安堵した。再度、手元の電子辞書で調べたら「赤小豆餡をまぶしたところが牡丹の花に似るからいう」とのこと。「チコちゃん」では、「大きい」という意味も込められていると言っていた。ちなみに辞書に戻ると「②女の顔の円く大きく見にくいもの。」という意味も書いてあった。そう言えば子どもの頃、大きな雪が空からゆっくり舞ってくるのを「ぼた雪」とか「牡丹雪」と言っていた。私は、ごまやずんだをまぶしたものが好きだったが、ぼた餅が小豆餡限定なら、きなこなどをまぶしたものは、「牡丹餅」ではなく「おはぎ」になるのだろうか。「ずんだ」が全国区の物ではないことを知ったのは、就職して東京に出て来てからです。それでも全国的に人気が出たらしく、先日、近所の大型店で「復興支援東北物産展」が開かれたとき、宮城県の所に「ずんだ餅」が並んでいた。
 細かいことだが、餅米を蒸籠(せいろう)で蒸して臼と杵でついて、米の形が残らないようにつぶした物を「餅」、鍋で炊いて擂り粉木で搗いた米粒の形が残っている物を「鍋餅」と言っていた。落語では、「みなごろし」(米粒の形が全く残らない)、「半殺し」(米粒の形が少し残る)と言っているのを聞いたことがあるが、言い得て妙である。百姓が客をもてなすのに「皆殺しと半殺しでは、どっちがええですか?」と聞いていた。客はギョッと驚いたようだった(そのころ我が家に、テレビではなくてラジオだったので表情はみえなかったが)。
関連記事
  1. 2019/03/24(日) 10:28:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼたもちとおはぎ

 21日は、お彼岸の中日だったせいか、妻が「おはぎを作ったから」と言った。以前、牡丹の季節に作るのは「ぼたもち」、萩の季節に作るのは「おはぎ」と聞いた記憶があるので、「今は、『おはぎ』なのか?」と聞いた。「今はスーパーでも1年中、『おはぎ』で売っているよ」との返事。最近、記憶力に自信を無くしているだけに以前聞いた気がするなどというのは一番あてにならない。手元の電子辞書の俳句歳時記で検索したら、両方とも秋の季語になっていた。萩は秋の花だから、秋の彼岸は「おはぎで」、春の彼岸は「ぼたもち」かと勝手に思い込んでいた。でも、先日、西新井大師に行ったとき、梅や早咲きの桜は満開だったが、牡丹園は葉も出ていなかった。
22日の『チコちゃんに叱られる』で「ぼたもちとおはぎってどう違う?」というのを取り上げるようだから、私の疑問が解けるだろう。「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱られるかな。
関連記事
  1. 2019/03/23(土) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4K 、8Kテレビ

 最近、テレビを見ていると、「オリンピックは、臨場感のある4K,8Kテレビで」なという宣伝をよく見る。私の住むマンションのエレベータにも管理組合からのお知らせで「共用アンテナは、昨年の夏に4K,8K対応にしましたが、実際に視聴するには、室内の壁のアンテナ差し込み口を4K、8Kに対応したものに交換しなければなりません。作業は室内に立ち入るため、交換ご希望の方は、個別に下記に電話ください」とのお知らせが貼ってあった。
 特に身内や知り合いがオリンピックに出場するわけでもないし、臨場感がなくてもいいと思っていた。ところが、デジタル放送に切り替わる時、「アナログでも何の不自由もない」と放って置いたら、「アナログ放送は〇月〇日で停波します」というテロップが流れるようになり、慌ててアンテナを取り換えたことがあった。今回も、私は高画質の画面じゃなくても不自由しないが、いずれ、ここを売る時が来るだろう。その時、「テレビも映らないような部屋はいらない」と買いたたかれる可能性は考えられる。費用は各自負担しなくてもいいようだから、替えた方がいいのかもしれない。
関連記事
  1. 2019/03/22(金) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユーロトンネル

イギリスがEUから離脱することに関連したニュースで、「イギリスの経済的混乱が予想されるのでフランスからイギリスへ渡ろうとする車で込み合い道路が渋滞している。鉄道も混んでいる」と言っているのを聞いて、「イギリスとフランスの間には、ドーバー海峡があるんじゃないか。橋やトンネルができたのかな?」と思った。ドーバー海峡は遠泳で有名で、大貫映子氏が日本人最初の横断成功者だったと思います。去年買った地図帳を開いたら、「ユーロトンネル」というのが出ていました。手元の電子辞書で調べたら、「英仏海峡トンネル=フランスのカレーとイギリスのフォークストンとの間の海底を通る鉄道トンネル。1990年に貫通、94年営業開始。海底部の延長38キロメートルは青函トンネル(23キロメートル)をしのぎ世界最長。」とのこと。
 40年ほど前、館山で行われた遠泳教室に参加したとき、大貫さんのお母様とご一緒したことがあった。もちろん、受講生として参加していたのだが、結構なお歳に見えた。
関連記事
  1. 2019/03/21(木) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ