とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

5歳若返った

17日に掛かりつけ医に行った。「最近調子はどうですか?」と聞かれたので、「安倍首相が股関節周辺円炎になったそうですが、私も股関節のあたりが痛くて整形外科に行ったと、レントゲンを撮ったことななどを話した。そしたら、「血管が老化して動脈硬化のようになっていることも考えられるので、血管年齢を調べましょう」ということになった。
検査室に移動してたら、若い女性の検査技師(か看護師かわからない)が「これから、いろんな器具を装着します。この検査、やったことがありますか?」と聞くので、「2年ほど前に脳溢血で入院したので、その時やりました。実年齢より5歳ほど上の年齢だという結果でした」と言ったところ、「どこか調子の悪いところはありますか?」と聞いてきた。「あっちこっち悪いところだらけです。でも、医者に行くと、『加齢による〇〇です』と言われるんです。『酒を控えろとか、もっと運動しなさい』と言われたら、やってみようという気も起こりますが、『年を取るな』と言われても、避けようがないですもんね。押し入れに隠れようが、布団をかぶって寝ていようが、年を取りますから」と言ったら、「そうですね。年は取りたくないですね」とのこと。年寄りを前にしてそれを言っちゃあおしまいよ、と思った。
検査結果は、実年齢相当。前回の検査結果を出して比べたら、「68歳のときに血管年齢73歳だった」ので、今回の結果は前回より5歳も若返った気になった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/07/18(水) 11:46:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍首相と同じ病気?

 14日の夜のニュースで「安倍首相が股関節周囲炎だ」と言っていた。
 私も、10日ほど前から股関節のあたりが痛くて、10分程度歩くのも辛かった。そこで、13日に近くの総合病院の整形外科を受診した。「股関節のあたりが痛くて、脚の裏側太ももの下部からふくらはぎの裏が疲れた感じで力が入りません。立ち上がるとフラッとします。歩き方が悪いんだと思います。ペンギン歩きといわれるように小股でチョタチョタと歩き、地面を踏みつけるようにやたら力が入ります」と話したら、医者が、股関節の周りやふくらはぎを押したりして診察した後、「ちょっと歩いてみて」と、診察室を2往復ほどさせられ、股関節のレントゲンを撮った。医者の話では、「股関節には問題はないようだ。筋肉のこわばりがあるので、歩き方の問題だろう」とリハビリ科に回されたが、「今日は予約で一杯ですから、来週の18日でどうですか?」と言われ、18日に予約を入れて帰ってきた。「加齢による関節の変形」などと言われると思っていたので、私としては、歓迎すべき結論だ。前に入院した病院でもリハビリは楽しかったので、毎日でも通いたいと思っていた。親切な理学療法士や作業療法士の顔や、励まし合いながらリハビリに励んだ入院仲間の顔が目に浮かんでくる。
〔また豆苗を買って炒めて食べた後、根の部分を空き容器に入れて置いたら、もう1回食べられるほど成長した〕

豆苗
関連記事
  1. 2018/07/17(火) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アディショナルタイム

 少し前までテレビではサッカーワルドカップで盛り上がっていた。先日は、「アディショナルタイムに点を入れたとか、入れられた」と話題になっていた。
 私は体育の授業でサッカーをやっただけだから、詳しくはないが、話の雰囲気からすると「ロスタイム」のことを言っているようだ。それでも、気になりだすと解明したくなる性格なので『片仮名語辞典』などで調べてみた。文字通り時間を空費した「ロスタイム」になった。でも、新しい言葉を1つ知ることができたのだから、良しとするか。

関連記事
  1. 2018/07/16(月) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大は小を兼ねない

 私の部屋に猫のトイレが置いてある。夜中に猫がトイレを使うと、トイレの砂を掻く音がガサゴソとうるさくて起こされる。起きて便を取ってやり、再びウトウト仕掛けると、またガサゴソトイレ砂を掘る音で起こされる。今度はオシッコをしたのだ。一緒にやれば一度で済むのに2度も起こされて少し腹が立つ。私は、「大は小を兼ねる」で、1度で両方済ましてしまうが、猫はそれができないらしい。元はといえば、猫のトイレは私の部屋の前の廊下に置いていた。それを「廊下に置くと玄関を開けたときに臭う」と妻が私の部屋に入れたのだ。そのくせ、「あんたの部屋は臭い。石けんで体を洗わないからだ」などと難癖をつける。それなら、猫のトイレだけでも自分の部屋に置けば良いのに、「悪いのは、すべて俺のせいなのだ」。
関連記事
  1. 2018/07/15(日) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰も視線を上げない

 数日前、急行で1駅分電車に乗って出かけた。外に出るときはいつも「ヘルプマーク」を付けた小さなショルダーバグを下げて行く。電車は満席で立っている人もいたが、ギューギュー詰めというほど混んではいなかった。優先席の近くのドアから乗ったが、座っている人は、全員スマホとにらめっこでゲームか何かに夢中である。視線を上げる人は一人もなく、当然、ヘルプマークなどは目に映らない。各駅停車でも3駅ほどの距離だからいいが、少し長時間立ちっぱなしになるようなことがあったら外出できない。それにしても、これほど多くの人がスマホに夢中になっている姿を見ると恐ろしくなってきた。
関連記事
  1. 2018/07/14(土) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ