FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

皆で渡れば怖くない

 「猛烈な暑さ」「危険な暑さ」そして、「経験したことのない台風」と異常気象続きである。28日には、私の住む地域にも「大雨雷強風注意報が出ていた」さらに夜7時過ぎには「竜巻注意報」も加わった。でも、南房総に住んでいるときより怖くない。あっちに住んでいたときは、台風の時は、家の周りのビニルハウスがバタバタ鳴ったり、テレビのアンテナポールが根元から折れそうなほど揺さぶられていた。実際、ビニルハウスの幅の広い長い雨樋が我が家を飛び越えて隣の家まで飛んできたことがあった。また、住む人のない隣家の雨戸が飛んで行ったり、屋根瓦が崩れ落ちたりしたこともあった。それに比べると今住んでいるところは、近くにがけ崩れしそうな山も、飛ばされそうな木造家屋も、氾濫しそうな中小河川もない。首都直下型地震が叫ばれているが、恐怖感はない。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という言葉があったが、「三途の川、みんなで渡れば怖くない」という心境である。犠牲になる時、仲間が大勢いると思うと心強い。下の公園が避難所になっているのかもしれない。「防災倉庫」と書かれた建物があったような気がした。井戸もトイレもあった。
警察署も救急病院も道一本隔てた所にあり、夜中にパトカーや救急車のサイレンの音がうるさいと気になっていたが、いざというときは、一番恵まれた所かも知れない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/07/30(月) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<耳ざわり | ホーム | ドッキリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1927-2bde4060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)