FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

耳ざわり

 新聞を読んでいたら「耳触りのいいフレーズに振り回され、批判精神を失っていく」という文に出合った。最近は、このような使い方もする人もいるようようだが、本来は「耳障り」で良い意味では使われない言葉だと思っていた。『文化庁国語課の勘違いしやすい日本語』でも、“「耳ざわり」は、「差し支える」「害になる」といった意味の「障る」という漢字を当て、聞いていて嫌な感じがしたり、不快に感じたりすることを表す言葉です。”と書いてある。「目障り」も同様であると思えわれる。ただし、目玉は耳と違って触ることはないので「目触り」と使う人はいないだろう。「肌ざわり」は、「肌触り」で善し悪しは関係ないと思われる。「お体にさわりますよ」も、「障る」であり、嫌らしいことではない。「そんなところで寝ているとお体にさわりますよ」というのは、「風邪を引いたりすると困るので、ちゃんと布団で寝なさい」ということで、体に「触るよ」とセクハラの警告しているわけではない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/07/31(火) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飲み忘れ | ホーム | 皆で渡れば怖くない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1928-06f68108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)