FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

昔の仲間と飲んだ

 12日、新卒の頃、東京北区の学校に勤めていた仲間と数十年ぶり飲んだ。私の体を心配してくれて、世話役のSさんが北千住駅を待ち合わせ場所にしてくれた。一緒に組合活動をやっていた3人が集まった。70代になって、みなそれなりにガタが来ていた。1人は、息苦しくなって掛かりつけ医に行ったら、すぐ心臓の専門医を紹介され、救急搬送されて診察を受けたら、「今日来て良かったね。明日じゃ間に合わなかったよ」と言われて緊急処置室に運ばれてすぐ手術、「一命を取り留めた」と言っていた。Sさんは、屡々足が攣るので動脈硬化を心配して血管年齢を測定してもらったら、実年齢より高くて「105歳だ」とか言われたとショックを受けているようでした。私などは、「実年齢より高くてあたり前、105歳まで持つ血管なら立派なものだ」と思ってしまうのだが、本人にしてみれば、やはりショックなのだろう。当時の仲間の話題が出たが、認知症になった人も数人おり、やはり、年相応というところのようだ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/08/14(火) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5本指靴下 | ホーム | かやまの小リス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1941-bc5f7823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)