FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

サマータイム

 2020年の東京オリンピック目前にして、暑さ対策のためサマータイムの導入の声が出ているが、各界からは、反対の声が上がっています。「オリンピックを秋にずらせばいいじゃないか」「多くの機器の設定を変えるのに時間と費用が掛かる」等の声が多く、政府支持層と思われている経済界からの反対も多いようです。
サマータイムとは違うのだろうが、学校の「夏時間」「冬時間」というのは、私も体験しています。これは、世の中の標準時を変えるのではなく、学校の時程を変えるだけなのでした。8時40分始まりの1校時を8時50分始まりなどにするのです。そのため、登校時刻も10分ほど遅くします。昼食も遅らせると健康上問題があるというので、20分あった2校時休みを10分に短縮して昼食時間は、それまでと同じにしていました。昼休みも短くして下校時刻も早くしていました。
 でも、私が教員になって数年したら、「雪国の学校でもあるまいし、登下校時刻を遅らせる必要はないだろう」と「冬時間」はなくなり、1年中同じ時程になりましたが、どちらにしても、それで生活に支障を来たすことはありませんでした。
サマータイムというのは、個々の学校や企業で時程を変えることではなくて、日本の標準時を変えるということで、テレビやラジオの「ピッポッポッポー」という時報が変わるということのようですから大変なことになるでしょう。何年か前になりますが、「うるう秒」を入れるというときは、かなり前から大騒ぎしていたことを思い出します。
 実際実施されれば、それに従って生活するだけだから、それほど困ることもないのでしょうが、最近、何でもかんでも「オリンピックがあるから」と水戸黄門の印籠のように振りかざされるのには、嫌気がしています。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/08/20(月) 09:08:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<涼しくなってきた | ホーム | 石破氏を叩いて渡る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1948-18de3707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)