FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

おれさま

 夕方、黒雲が立ち込めた空に稲妻が光っていた。夜の天気予報では、東京に「発雷」の予報が出ていた。入浴後、さあ寝ようとベッドに横になろうとしたら、電気が消えた。落雷のため、停電したらしい。すぐ隣の建物の前に消防車の赤いライトが回転しているのが見える。通路に出てきた人たちが、「隣のマンションに落ちたのかな」などと話している。火事が起きた訳でもないから、停電に消防車が来ても役に立たないと思いながら眺めていた。孫が、「僕、行って見てこようか」と言うので、「邪魔になるから行っちゃ駄目だ。もう寝なさい」と言って、私もベッドに横になった。横になったら、「子どもの頃、雷のことを何といていたか」気になりだした。稲妻のことは『いなぴかり(「稲光」か)』と言っていたことは、すぐに思い出したが、雷のことは思い出せない。夜が明けてから、「『おれさま』だったと思い出した。ネットの宮城県方言で検索したら、間違いなかった。でも、なぜ『おれさま』なのか分からない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/08/28(火) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ためらわずに | ホーム | 朝寝坊が進む>>

コメント

お雷さまから来たのではないでしょうか?
  1. 2018/08/28(火) 09:44:00 |
  2. URL |
  3. まさのり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1955-e046b932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)