FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

降水確率

 以前、天気予報は、確率ではなく、「晴れる」「雨が降る」と言っていたが、「天気予報が外れた」という声があったりして、「確率」でいうようになったと記憶している。「降水確率70%」と言って降らなかったら、「残りの30%の方に入っていたんだな」と言い逃れするためだと当時は思った。
 北海道で大きな地震があった後、テレビで「〇十年以内に、マグニチュード◇以上の地震が起きる確率が軒並み上昇」というようなことを言っていた。地震の確率の問題は、降水確率の比ではない。「〇十年以内に地震が起こる」からと早目の避難で、今から頑丈な建物に避難したとしても、明日にでも予報通り起こってくれればいいが、これから〇十年どうやって食いつないでいけばいいのだろう。ましてや、この予報が空振りだったら、社会的な影響は計り知れない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/09/13(木) 09:30:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思い違い | ホーム | 所により>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1971-cd2d4d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)