FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

終わった

前回のリハビリの後、理学療法士から、「リハビリを始めて2ヶ月経過したので、再度、整形外科の診察を受けて回復具合を診察してもらってください。私の方で予約を入れておきます。『もうリハビリは終わりにしていい』と、言われるかも知れませんよ」と言われていたので、14日に診察を受けに行った。診察室の入り口から壁際まで歩かされて、「ずいぶんよくなりましたね。これで終わりにしましょう。20日のリハビリで、自宅でできることを教わって、後は自分でやってください」と言われて、暑いさなかに通ったリハビリも終わりになった。
脳卒中で入院した後もそうだったが、「リハビリはもう終わりです。あとは、自分でできることをやってください」と言われて終わりになった。ところが、自分でできることというとウォーキングくらいしかない。理学療法士や作業療法士が付いていてくれると、いろんなことをやらせてくれる。手本を見せてくれ、悪いところを直してくれる。ウォキングにしても一緒に歩いてくれるので安心だった。また、リハビリ室には、リハビリのための様々な機械や用具があった。強い運動をやった後は、マッサージのような筋肉の揉みほぐしもやってくれた。「もう終わりです。」というのは、喜ばしいことだろうが、寂しさや不安もある。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/09/15(土) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かもめーる | ホーム | 思い違い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1973-84f53c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)