FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

捨てられちゃうの

 1日に紹介した下の公園の台風で倒れた木、引き起こしてつっかえ棒で守られて生かされるのかと思っていたが、次の日、造園業者が来て枝や根をチェンソーで払って、幹も1㍍ぐらいの長さに切られて、トラックに積んで持って行かれてしまった。幹の直径は30㎝ほどあったから、苗木を植えてあの大きさまで育てるには、相当の年数が掛かるだろう。それにしても、倒れた木は、「根が張っていない」と思った。他の木は、根が四方八方に数メートル伸びている。地表を這っているだけでなく、アスファルトの遊歩道を持ち上げて伸びているのが見える。公園の木は、遊びに来た子供たちに踏みつけられるので、根を張りにくいのだろう。気の毒な話だ。
〔坊主にされた倒木、この後、幹も短く切られて運ばれていった。〕

坊主にされた倒木

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/10/03(水) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緊急地震速報 | ホーム | 日本人ってなんだ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1991-50be8857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)