FC2ブログ

とはずかだり

その時々、心に浮かんだことを綴ります

根深

 『季語集』(坪内稔典)を読んでいたら、「冬 葱」の項があった。その中に“葉葱は関西人の好む葱で、京都の九条葱が有名。(中略) 葉葱に対して、いわゆる白根を食べるのが根深(ねぶか)だ。根深は関東で人気があり、品種としては東京の千住葱が古くから有名である。”という記述があった。「根深(ねぶか)」という呼び方は、子どもの頃にしていた。根深でも、地上に出ている部分は緑色だったが、その部分を「葉葱」とは言わなかった。蛍を捕まえると、この根深の緑の部分をへし折ってその中に入れて、虫かご代わりに持ち歩いたものだ。蛍が緑の筒状の物の中で光ると幻想的な感じがしたものだ。夕飯の用意をしている妻に「子どもの頃、『根深』という言い方をしたことがあるか?」ときいたところ、「ある」とのこと。「千住葱というのが有名なんだってよ」、「隣のスーパーでも売ってるよ」とのこと。やはり足立区だ。千住は、大学や区役所のある所で、この近所では一番賑やかな所だ。日光街道沿いには、千住宿を思わせる古い家並も残っている。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/10/11(木) 09:00:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四六時中 | ホーム | 社会の迷惑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattsansatou.blog.fc2.com/tb.php/1999-0867d616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)